廃止直後の南薩線


1985年4月


枕崎駅
レールが撤去され、キハ102が取り残されていた


加世田駅
廃止前から変わらず留置されたままの貨車の廃車体


加世田駅
機関庫の前で赤錆びたままの12号機関車


加世田駅
気動車の中には尾灯や銘板を取り外されたものもあった


加世田駅
連結したままもはや動くこともない

1986年8月 加世田駅

 
(右)は廃止前の構内
留置されていた車両は85年の5月に解体され、構内のレールも撤去された。


駅舎のそばに残された29キロポスト


待合室には古い時刻表が


駅舎はバス営業所として使用


列車代替バス「なんてつ」号


加世田市運動公園に保存された12号機関車


[南薩線の廃線跡トップ]

めもりある表紙に戻る